才能がある人とない人の特徴は?

クリックすると新しいウィンドウで開きます

才能とは?

才能とは、以下のような意味合いを持っている言葉であると言われています。

・ある個人の素質や訓練によって発揮される、物事をなしとげる力
・物事を巧みになしうる生まれつきの能力。才知の働き。
「音楽の―に恵まれる」「―を伸ばす」「豊かな―がある」「―教育」
・物事をうまくなしとげるすぐれた能力。技術・学問・芸能などについての素質や能力。
「 -に恵まれている」 「珍しい-の持ち主」 「 -を生かす」

著名人が考える「才能とは」

他にも、著名人が考える才能の定義も以下に紹介します。

・才能とは、情熱を持続させる能力のこと。(宮崎駿)
・どの仕事を選ぶかってのがわかる人が才能があると思うよ。(北野武)
・根本的な才能とは、自分に何かが出来ると信じることだ(ジョン・レノン)
・才能とは、自分自身を、自分の力を信じることだ(マクシム・ゴーリキー)
・何かに目標を定めて、ずっと努力し続けられる力こそが才能の中核ではないでしょうか(村上春樹)

この言葉を残している本人自体も才能がある人たちであるため、感慨深い言葉です。

ページTOPへ

偉人・有名人の名言集「才能とは」

次に、偉人や有名人の「才能」についての名言集を一部紹介していきます。

・力や知性ではなく、地道な努力こそが能力を解き放つ鍵である。-ウィンストン・チャーチル
・天分は、持って生まれるもの。才能は、引き出すものよ。-ココ・シャネル
・誰もが才能を持っている。でも能力を得るには努力が必要だ。-マイケル・ジョーダン
・世間は、君の自尊心を気にかけてはくれない。世間は、君が自尊心を満たす前に、君が何かを成し遂げることを期待している。-ビル・ゲイツ
・行動を伴わない想像力は、何の意味も持たない。-チャップリン
・天才とは努力する凡才のことである。-アインシュタイン
・天才とは1%のインスピレーションと99%の努力だ。-トーマス・エジソン

トーマス・エジソンの名言の解釈は間違っていた?

上記にあげた中の、トーマス・エジソンの名言「天才とは1%のインスピレーションと99%の努力だ。」については、じつは実際の意味合いと世間一般的に解釈されている意味合いには、誤解があると言われています。

この言葉についての本当の意味は、ある雑誌の取材でエジソンは次のように答えていたと言われています。
「私は1%のインスピレーションがなければ、99%の努力は無駄であると言った。」

さらに、世間はエジソンの言葉を都合のいいように解釈し美談に仕立て上げ、エジソンを努力の人間であると美化し、努力の重要性だけを成功の秘訣であると勘違いさせている、とまで答えていると言われています。また、この名言の実際の意味合いについては、「インスピレーションは私の才能であり、その才能を努力によって伸ばしたことにより、現在の成功がある。」と語っていたそうです。

このようなことから、エジソンがもっとも言いたかったことは、「その人のもともと才能がある・適した方面において努力をしない限り、いくら努力をしたところで無駄であり、才能があるものであれば努力をすることによって、成功を得られる」ということだったのではないでしょうか。

ページTOPへ

才能がある人の5つの特徴

1.遅咲きである

このような才能がある人には、ある共通した特徴があると言われています。次からは、才能がある人の特徴を紹介していきます。

実は天才や成功者と呼ばれる人たちは、もともとの遺伝的にその要素があったというわけではなく、むしろ努力や失敗ばかりであった人が多く、それでも諦めずに立ち向かっていったことにより、ある臨界点に達し開花していったというような人生であることが多かったと言われています。このような意味合いで言えば、「努力や失敗にもめげずに続ける」という部分は才能であると言えるのかもしれません。

2.幼少期は問題児だった

多くの天才・才能があると呼ばれた人たちは、非常識で型破りな変人であったと言われており、たまたま彼らの才能が社会に発揮されたものであるとも言われています。要するに、幼少期は周りの人とは異なり、世間一般的に言われる問題行動を起こすような子供であった人が多かったと言われています。

そのような子供が育つ過程において、たまたま本人が興味を持った分野が才能のある分野であったために、失敗や困難にもめげずに続けることができ、成功したのではないかと言われています。逆に、幼少期から頭が良く、才能に秀でていたという天才と呼ばれる人は少なかったと言われています。

3.常識を鵜呑みにせず、常に疑っている

天才・才能がある人は、常識を疑っている人が多いと言われています。感性が一般の人とは異なり、非常識であるために、普通の人がそうであると信じきっているものに対し、疑問を抱くことが多いようです。そのため普通の人と観点が異なり、その違う観点で観察や思考をし続けた結果、成功へとつながるヒントを得ることとなり、偉大な業績を残すことができると言われています。

4.孤独である

天才・才能がある人は、日常に対する意識や考え方、価値観が周囲の人たちと著しく異なるため、孤独である人が多いと言われています。普通の人と考えていることが違いすぎるため、周りの人と本音で話してしまうと摩擦やわだかまりなどが生まれるおそれがあるため、自分の本音を隠している人が多いとも言われています。しかし、本音を隠し続けて人と一緒にいることは精神的に疲れるため、結局は一人でいることを選ぶようになり、その結果孤独である人が多いようです。

5.独創性が強く、興味がないことは学ばない

天才・才能がある人は、自分の得意分野が無意識のうちにわかっているため、自分が本当に興味があること以外は学ぼうという意思がありません。そのため、学業ではおろそかになってしまうものがあり、成功するまでは問題児であるという認識で見られ続けることがあると言われています。また、自分が本当に興味があることに関しては、寝食を忘れるほどの集中力を持っており、その努力があるからこそ、成功を成し遂げることができると言われています、

ページTOPへ

「才能がない人」の5つの特徴

才能がないと気づいた瞬間

才能の意味や、才能がある人の特徴などについて、紹介してきました。それでは、逆に才能がないと人が気づいた瞬間とは、どんな時なのでしょうか?次からは、才能がないと気づいた瞬間について紹介していきます。

1.大多数と同じであると気づいた瞬間

自分には才能がある!と思って始めたものでも、途中でその他大勢と同じになっていると気づいた瞬間に、才能がないと感じる人が多いようです。もともとは、自分に才能があると思って張り切って楽しく取り組んでいるのですが、やり進めていくうちに結局は他の人と全く同じ場所にいると気づき、なんだか違うような気がしてしまい、才能がないと気づくことが多いようです。

2.アイディアが全く浮かばないとき

やる気があり刺激的であると思っているうちは、いろいろな考えが浮かんでくるものですが、そのうちアイディアが浮かばなる状態が続いてしまうと、才能がないのではと感じることが多いと言われています。そのうち、全くアイディアが浮かばないために、人の真似をしてしまっていることに気づき、さらに才能がないのではということを感じるようになってしまうようです。

3.他人と同じでも良いと思う瞬間

もはや、他人と同じで個性がなくても良いのでは、と思ってしまう瞬間に、才能がないと気づくことが多いと言われています。才能がある人は、人と違った自分なりの考え方があるため、常に新しいものや刺激を求める人であると言われています。そのため、自分にそのようなオリジナリティがないと気づいた瞬間に、才能がないのではないかと思う人が多いと言われています。

4.思考することが苦痛な時

才能がある人は、自分の好きなことを考えている時は、楽しくて仕方がありません。そして、考えている時こそ至福の時間であり、思考することが苦痛であると考える人はいないと言われています。そのため、考えることが苦しくて仕方がない、という時に自分は才能がないのではと気づくことが多いと言われています。確かに、自分が好きな分野において思考することは、苦痛であるということは才能がある人にはないことであるため、考えることが苦痛であると感じる時には、その特定の分野においては才能がないと言えるかもしれません。

5.何度チャレンジしてもできないとき

何度も何度もチャレンジをし続けても成功しない場合には、諦めたほうが良いのではないかと思ってしまい、自分には才能がないのでは、と気づく人が多いようです。努力をし続ければ才能がある場合には、いつか開花すると言われていますが、自分にとって何かしっくりこない場合には、その分野ではない可能性があります。エジソンが言っているように、「その人のもともと才能がある・適した方面において努力をしない限り、いくら努力をしたところで無駄である」という場合も時にはあるので、もし自分でそのように感じる場合には、違う才能を探すように方向性を変えるの一つの方法ではないでしょうか。

ページTOPへ

「才能がない」と言うのは諦める言い訳?

もちろん、エジソンが言っているように、本当に才能がないものに対しては、努力をするだけ無駄であるということは正しいかもしれません。しかし、「才能がない」という前に、「本当に自分はそれに関して才能がないと断言できるだけ努力をしてきたか」ということを、自分に問うようにしてみてください。

「才能がない」と嘆く人の多くは、実際にはまだ大して努力をしていない、という場合がほとんどです。才能があると言われている人たちは、並外れた努力をしてきた人が多く、普通の人が想像もできないほどの時間をかけて、その一つのことに対し打ち込んできたのです。ただし、それは自分が好きで興味のある分野であったために、苦痛だと思うことがなかったために、成し遂げられたことでもあります。

このように、才能がある人の努力は、並大抵のものではありませんが、才能がないと言っている人でも、まだその才能がある分野にたどり着けていないだけであり、ふとしたきっかけで始めたことがじつは才能がある分野であり、続けることによって開花する可能性もあるので、まだ自分の才能がある分野に気付けていない人は、未だ始めたことがないもので少しでも興味があるものに、まずはチャレンジをすることから始めてみてください。

ページTOPへ

「才能がない人」の生き方

それでは、本当に何も才能がない人はどのようにして生きていけば良いのでしょうか?もし、本当に自分に才能がないと思う人は、以下のような生き方を参考にしてみてください。

・無理にポジティブにならず、ネガティブに考えながらも前進はすること
・自分の能力は冷静に分析すること
・社会の歯車として生きることを割り切って考えること
・自分の弱さやできなさを認めつつ、自分の実力や需要を把握し、どの分野だったら生き残れるかを考えること
・その選択した分野で生き残るためには、どうしたら良いかを常に考えること
・あまり考えすぎずに、うまくいかない時は楽観的に考え、次のチャンスが来るのを待つこと
・うまく話せなくても、とりあえず笑顔だけは心がけること
・目標を明確にすること

ページTOPへ

「才能がない人」を開花させる方法

それでは最後に、才能がないと思い込んで諦めてしまっている人を開花させる方法を紹介します。未だ自分でも気づいていない驚くべき才能が眠っている可能性もあるので、ぜひ自分の才能を開花させるために活用してみてください。

1. 人に誘われたら、とにかく参加すること
2. つきぬける力を持つように努力すること
3. 面白いと思えることに出会ったら、迷わず飛び込んでみること
4. 気になるものができたら、とにかく量をこなすこと
5. メンタル面でのパーソナルコーチを依頼してみる
6. 頼まれたことは全て引き受けてみる
7. 夜眠る前には楽しいことを考える
8. 仲の良い友人3人に、何か面白いことが無いか聞いてみる
9. 自分を調子に乗らせてみる
10 ,失敗をこわがらず、いい思い出になると考えること
11. 助けてもらい上手になる、お願い上手になる
12. 自分の未来・才能に好奇心や期待を持つこと
13. 1日5分ワクワクすることをやる

ページTOPへ

まとめ

才能の意味や、才能がある人の特徴や才能がないと気づく瞬間などを紹介してきました。
才能とは、誰しも必ず適性のあるものを持っていると言われていますが、その才能に気づくことができない人が世の中の大半であるということがわかりました。

また、才能はただ努力をすれば実るというものではなく、自分がもともと持っている才能や適している分野でなければ、努力をしても無駄であるということもわかりました。このようなことから、才能がないと思う場合には、まずは自分の適性を探すことに全力を尽くす必要があります。

もし、どうしても才能がないと思う場合には、才能がないなりの生き方を見出す必要があり、自分が生き残ることができるスキルのある分野を選び、日々その分野で生き残るために必要な努力をし続けることが重要になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。