iphone7の発売日は2016年秋が濃厚!!最新機種の気になる機能をまとめました。

 クリックすると新しいウィンドウで開きます

最新情報!!秋に発売する新しいiphoneはココが凄い!!

      2016/03/15

iPhoneシリーズの新しい情報が次々と入ってきました。今回はiphone7の発売日と機能について調べてみました。

画像編集や音楽再生アプリをはじめ、マルチメディアやインターネット機能を搭載し、スマホ機能を劇的に進化させてきたのが、この『iPhone』ですよね。

2015年9月、満を持して発売されたiPhone6s/6sPlusも、発売わずか3日で1300万台も販売されたらしく、改めてiPhoneの人気ぶりが伺えます。

そんな中、世間ではiPhone6sシリーズの賑わいを超えるかのように、次世代のiPhone7の発売を待ちわびているファンが続出しているそうです。

iPhone7では、防水機能が搭載されるのでは?という話もありますし、気になっているファンも多いので、本記事にて、iPhone7の発売日や、防水機能の可否、薄さなど、その可能性と魅力を探っていきます!

iPhone7は2016年秋に発売!?

iPhone7

2015年9月、待望のiPhone6s/6sPlusが発売されました。

今回の新型iPhoneは、予約販売ということもあり、大行列ということは無かったものの、巷では大盛り上がりを見せていましたよね。

iPhone6s/6sPlusにおける新機能の目玉として注目されている『3D Touch』は、タッチの圧力を感知する機能です。

これによって、いちいちアプリを開いて必要な機能を起動させずに、タッチの圧力だけで、いきなりショートカットで必要な機能だけを開いていくという、素晴らしい操作感を実現可能にしてくれました。

この『3D Touch』により、普段よりも快適な操作性が実現され、何かと重宝されているそうです。

実際にカメラのアイコンから、一発でセルフィー操作が出来るので、

『非常に便利!』

という話もよく聞かれています。

これまでの操作に慣れ、特に効率化を求めていない方にとっては、それほど魅力的には映らないのかもしれませんが、やはりワンテンポ早く操作可能となり、欲しい機能が取り出せるわけですから、スピード感が求められるな現代社会では、非常に重宝されていくのも納得です。

ただ、今回のiPhone6s/6sPlusは、iPhone6のマイナーチェンジの様相も強く、画期的なバージョンアップは、次のiPhone7からではないか、と言われていますね。

みなさんがもっとも気になるであろうiPhone7の発売日は、2016年秋と言われています。

iPhoneの新機種発売は、1年に1度が通例になりつつあり、9月から10月の間に発売されるので、2016年秋に発売されていくだろうという話でした。

もちろん、確定ではないので、絶対とは言えませんが、可能性としては2016年秋のiPhone7発売を期待しても良いのではないかと思います。

さて、気になるiPhone7の機能ですが、より薄型で、カメラ機能や画像編集機能など、マルチメディアのあらゆる機能をバージョンアップさせながら、さらにAppleは、技術的な特許も意欲的に取得して、そこから『iPhone』ならではの防水機能を持った『iPhone』を発売するとも噂されています。

もちろんこれは噂レベルの話であり、まだ発表されたわけではありません。

しかし、次々とサイクルを早めて新作モデルを登場させているAppleですから、今後の展開としては、十分に期待は出来るといえるでしょうね。

iPhone7で防水機能の特許を得たのは本当?

iPhoneの防水化は?

Android系のスマホには防水機能が入っている機種が存在するのに、何故か『iPhone』には、これまで防水機能が付いていませんよね。

これには理由があり、AppleがiPhoneのスリム化にこだわっているようなのです。

その結果、AppleはiPhoneに防水機能は余計な機能、と考えたのか、iPhoneの機能として『防水』を盛り込むことを避け続けてきたのです。

しかし、ユーザーとしては、雨の時に防水機能がなければ、ちょっとした事で故障してしまうのではないか、と非常に不安になってしまいますよね。

実際に、iPhoneは、Android系スマホよりも不具合が起こりにくく、ユーザーからも高い支持を得られているにも関わらず、この防水機能が無いために、雨などの水害を防ぐために仕方なくAndroid系のスマホを使うユーザーもいます。

ユーザーの声を素直に取り入れ、更に人気の携帯端末機として定着していくためにAppleは、iPhoneのスリム化を図るだけではなく、いずれは防水機能も必要になってくることでしょう。

毎年のように『iPhone』をリリースするAppleも、その現状のユーザーの不満を感じ取ったのか、はたまたユーザーの願望から出てきた噂に過ぎないのか、Appleが防水機能の特許を取得したという話が出ているのです。

もう少し具体的な話をすると、Appleはプリント回路基板に、耐水性の『コンフォーマルコーティング』という特許を取得したらしく、いよいよiPhone7にその機能が盛り込まれると言われているのです。

しかも、防水機能が付いたとしても、iPhone7の重さは、129gくらいで収まると、Appleがこだわりを見せるスリム化にも支障が無く、これまで通りの薄型を実現できるという話もあるので、かなり期待できると思いますよ。

iPhone7に防水機能が付く可能性は?

水没したiPhone

iPhone7の一番の目玉となりそうな機能とも言われている防水機能ですが、今までの噂などを聞いてみると、すでに特許も取得しているようですし、間違いなくiPhone7に搭載されると思われます。

また、iPhoneのスリム化にしても、それにも限界はあるものの、さらなるスリム化に着手していくことは間違いなく、果敢に挑戦していってくれることと思います。

実際、iPhoneユーザーもかなりiPhone7には期待しているそうですし、防水機能は『iPhone7』の目玉機能となるでしょう。

ユーザーとしても、iPhoneの未来の可能性として十分期待していいと思いますよ。

iPhone6s/6sPlusで、『3DTouch』が目玉機能となったように、iPhone7には、防水機能を盛り込んだ安定性の高さを最大の目玉機能として、リリースしてほしいものですね。

まとめ

iPhone6s/6sPlusが、3DTouch機能を目玉として、2015年に発売されたばかりなのに、早くも『iPhone7』のリリースを待ちわびているユーザーが増えています。

それも、iPhone7には、防水機能が盛り込まれるのでは?という話が囁かれ、いろんな意味で注目されているようです。

iPhoneは、発売直後にいろいろ不具合があったりするものの、Android系スマホとは異なり、一度安定してしまえば、セキュリティー面やOSの不具合なども、比較して少なく、安心して使えると、ユーザーからの支持も高いです。

それだけに、唯一防水機能が無いという不安要素さえ払拭できれば、『iPhone』ユーザーが爆発的に増える可能性も高まります。

2016年秋には、そんな期待に応えるiPhone7として登場することを期待していたいと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。