最近の人気の香水は?意外と知らない香水の正しい付け方と、自分に合う選び方を教えます!!

クリックすると新しいウィンドウで開きます

気分や印象を変える香水。慎重に選びましょう。

お気に入りの香水を付けていると、気分を高めることが出来たり、相手に様々な印象を与えますよね。良くも悪くもです。本当は良い香りなのに、付けすぎで相手に迷惑をかけていた・・・なんてことにならないように、正しい選び方と付け方をマスターしましょう!!

手首に2~3プッシュして、しっかりと擦り合わせてから首筋に付ける。

最近では、典型的なNGな付け方とされています。

なにがNGなのかというと、まず、手首で擦り合わせること。

手首に付けるのは良いことなのですが、擦り合わせることがダメなんだそうです。

これは摩擦によって香りの成分が破壊されてしまうんだとか。

香りはふんわりと漂わせることが大事なポイントなので、擦り合わせるのではなくポンッポンッと叩きながら伸ばして、香りを落ち着かせることが良しとされています。

首筋に付けることもNG。

首筋は鼻から近いため、付けてしまうとその香りを直に嗅ぎ続けることになり、気分を悪くしてしまったり、鼻が効かなくなってさらに付けてしまうんだとか。

…というように、香水の付け方にもいろいろルールがあります。

今回は、香水の種類や付け方の知識をおさらいしてみます。

自分に一番合う香水を選ぶためにも、ぜひ参考にしてみて下さい。

いま、世の中ではどんな香りが人気?

いま、世の中ではどんな香りが人気?

いま、世の中は“いい香り”に対して敏感な人が多くなってきています。

香水はもちろんのこと、シャンプーやボディソープ、髪のフレグランス、ダウニーなどの柔軟剤など、香りにこだわった商品がたくさん発売されています。

全体的には、香料が強めなものに人気が出てきているようです。

いままでは微香が良しとされていた風潮がありましたが、それが逆転している傾向にあります。

最近の人気は異性を意識した『モテ香水』

モテ香水とは、思いっきり異性や第三者を意識した香水のことを指します。

つまり、自分が好きな香りというよりは『いかにモテるか?』を狙ったフレグランスです。

最近の人気は異性を意識した『モテ香水』

今までは自分の好きな香りを付けていた人がほとんどだったのが、いまは人から思われたい自分のイメージに合わせて選ぶそうです。

香りの好き嫌いは人それぞれ

香りの感じ方はみんな違います。

雑誌やテレビで見かけたブランド香水だからと思って購入してみたら、香り自体が好きになれなかったりするのも残念ですよね。

香りは嗅ぐ人の好き嫌いがはっきりと分かれるもので、その人の育った環境など様々なことが影響します。

香水ランキング1位だからといって、イコール「自分も好き」というわけではないですよね。

香水はとにかく種類が多いので、ここではどんな種類があってどういう風に選べばいいかを考えていきましょう。

香水・フレグランスの種類と特徴

香水・フレグランスの種類と特徴

香料の濃度によって分類される。

  • パルファン…香料濃度 :15~30%  持続:7時間
  • オード・パルファン…香料濃度:10~15% 持続:5時間
  • オード・トワレ…香料濃度:5~10% 持続:3時間
  • オーデ・コロン…香料濃度:2~5% 持続:1時間

注意点としては、香料濃度と香りが強いのは必ずしもイコールではありません。

濃度が高くても甘く柔らかい香りであれば弱く感じるし、濃度が低くても柑橘系のようにツンとした香りであれば強く感じる特徴があるので、香料の種類によっても強さの感じ方は異なってきます。

香水には時系列がある。

時間が経過するごとに3段階の香りの変化があります。

  • トップノート…付けてすぐ
  • ミドルノート…付けてから30分後
  • ラストノート…付けてから1時間以上~の汗や体臭と混ざった時

付けてからの時間によって変化しますので、その場で嗅いだ香りがすべてではありません。

香水・フレグランスの選び方

香水・フレグランスは嗜好性が高い商品なので、基本的には自分の好みのものを選べばいいのですが、その香りや用途によってイメージが変わります。

選び方によっては、その状況に合わない香りになってしまうこともあるので、コンセプトや特徴をよく把握した上で選びましょう。

TPOに合わせて選ぶ

商品によって香りが違うのはもちろんのことですが、そのタイプも異なります。

使用するTPOによっても向き不向きがあったり、夏・冬などの季節や気候、時間帯によっても香り方が変わります。

仕事や恋人とのデートなど、どんなシーンで使用するのかを明確にすることが大切です。

たとえばこのようなデート専用の香水などもあります▼

匂いのイメージから選ぶ

クールでインテリジェンスな男性のイメージだったり、可愛いらしい女性のイメージだったりと、匂いにもイメージがあります。

自分がどうなりたいのか、どうありたいのか、どう演出したいのかで選ぶのもいいかもしれません。

年齢層や性別を考慮する

年齢層や性別によっては向いている向いていない商品があるため、選ぶ時のポイントの一つです。一般的には若い人にはフレッシュなタイプ、年齢層が高めだとエレガンスなタイプが似合う傾向にあります。

そして男性ならスパイシー系、女性だと甘い香りが人気です。

最近では男性・女性問わないユニセックスタイプの香水も多くなりました。

男性には、「ボディソープに香水の機能を持たせたもの」がその手軽さから人気があります。

ブランドコンセプトやデザインで選ぶ

ブランドコンセプトに共感できたり、ボトルやパッケージラベルのデザインで、そこから自分のイメージに近いものを選ぶのもいいですね。

最後はやっぱり好きかどうかで選ぶ

その香りを嗅ぐことで穏やかな気分になれたり、リラックスできたり、気合入ったり、テンション上がったり、心地よい懐かしさを感じたり…。

ただ単に直感的に好きとか、それでもいいと思います。

香水選びで注意すること

香水選びで注意すること

嗅ぎ過ぎない

香水売り場に行くと、ついつい色々試してしまいたくなりますよね。慣れていない人がいきなりたくさんの香りを嗅ぐと、違いを感じにくくなっていきますので注意しましょう。

そしてビンやボトルから直接嗅ぐのと、肌に付けた状態で嗅ぐのでは感じ方が違います。肌に付けて嗅ぐ方が本来の香りに近くなります。

日ごろから自分の好きな匂いを把握しておく

香りのベースとなる種類は決まっています。まずザックリと好みを把握しておきましょう。

  • 【フローラル】花の香りがベース
  • 【グリーン】爽やかな清々しい香り
  • 【シトラス】柑橘系の香り
  • 【ウッディ】香木をベースとした香り
  • 【アニマリック】ムスクなどの動物性の香り
  • 【コンフェクショナリー】バニラなどの甘い香り

時系列も考慮する

先ほども説明した通り、香りは時間の経過とともに3段階に変化します。

肌につけた瞬間に香るトップノート、つけてから30分ぐらいすると香るミドルノート、さらに1時間以上経つと自分の体臭と混ざりあってラストノートとなるのでそこも考慮しましょう。

あれもこれもで悩み過ぎない

自分が感じた『いい香り』と思ったものを直感で決めないといつまでたっても決まりません。笑

あまりにも決められないようなら、何種類かまとめて購入して日替わりで使っても気分転換にいいかもしれません。

香水の付け方

香水の付け方

プッシュ回数や使用量にも気を付けましょう。

いい匂いと感じるような香りであっても、匂いが強いと台無しになってしまいます。

付ける量が少ない分にはあとから足して行けばいいのですが、最初からいきなり付け過ぎてしまった分には洗い流す他どうしようもありません。

最初に強い香りを嗅いでしまうと自分の臭覚が鈍るため、必要以上に付け過ぎてしまうことになりかねません。

くれぐれも少しずつ足して行くイメージで付けていくようにしましょう。

付け直す時は4~5時間はあけるようにして下さい。

自分ではなんとなく香りが弱くなったと思いがちですが、自分の鼻が慣れてしまっただけのことが多いです。

付け過ぎにならないように、1回目を付けてから2回目を付け直すまでに時間をしっかりとあけましょう。

香水を付けるおすすめの部分

一般的には脈打つ部分、すなわち体温が高いところがおすすめとされています。

アルコールが主成分で出来ているので、そのアルコールは温度が高いと揮発しやすくなるため、香りがたちやすいと言われています。

それらを考慮すると、揮発して下から上にふわっと香るという意味で、足首や太ももの裏などの下半身が特におすすめです。

他にも、耳の後ろ 、腕の内側、手首、足首、肘、腰、お腹、髪の毛なども良いと言われています。

香水を付けない方がいい部分

首筋や鼻周辺、直射日光の影響を受けやすいところ、汗が出やすい脇の下なども避けましょう。汗と混ざると予想外の香りになります。笑

まとめ

いかがでしたか?

香水の種類や付け方、そして選び方にも色々ありましたね。

香りは語りきれないほどとても奥が深いものです。

『自分を変えたい、気持ちをリフレッシュしたい』

なにかしらアクションを起こしたい人は『香水を付けてみる・変えてみる』たったそれだけでも何かが変わります。

ちなみに、私が一番好きな香水は、「ウルトラマリン」です。かなり好き嫌いが分かれる香水ですがこの香りが一番落ち着くのです。

洋服同様、ブランドや「高いから間違いないだろう」ではなく、自分にはどれが一番マッチしているかが、一番重要だと思いますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。